古本屋のビジネスモデル

古本屋の新しいビジネスモデルについて考えます。古本屋も商売である以上、利益を上げなけ ることができてこそ、商売といえるのだと思います。実際にお金を使ってもらい、そして、使った分に見合うだけの何かをお客様にお返しする。 利益が上がるということは、利益をもたらしてくれる人、つまりお客様の役に立っていることが大前提です。その利益で店主や店員が生活できてはじめて、商売を続けられます。 かつて古本屋というと、たかく積まれた本の隙聞から古本屋の店主が顔を半分のぞかせているような 昨今流行の古本屋のスタイルとして、セレクトショップ型が増えています。「こんな本ありませんか?」とたずねると、「確かそのあたりにあったはず」 とすぐに教えてくれるお店です。しかし、最近の古本屋では、すっきりした店構えになっています。写真集やカバーを表にして飾られていたり、陳列方法もたくさんの商品を並べようとぎっしりおいてあるわけではなくおしゃれな空間を利用したりしたセンスのいい並べ方で本を置いています。

セレクトショップでは、「この商品を買うといいですよ」と古本屋では、たくさんの数の古本を置くよりも美しい陳列を重視しています。それは、 このような品揃えを維持するためには、古本屋の店主は常にアンテ ナを張りめぐらせて、クリエイターなどの動向に気を付けていなければなりません。セレクトショップでは本を安く売ることはできないということで希少性がその価値を決めています。

Leave a Reply